スタッフ紹介

犬のじどうかんPOOCH PAL

代表  吉田 圭佑

PULLER認定トレーナー・日本救助犬協会渉外担当・東京都動物愛護推進員

 

専門学校で、ドッグトレーナーとしての基本を学ぶ。災害救助犬との出会いをきっかけに救助犬育成に興味を持ち、より高度な訓練技術と知識が必要であることを感じ、卒業後には、山梨の家庭犬・警察犬訓練所に入所する。住み込みをしながら、100頭にもなるシェパードの飼育・訓練・しつけ・介護・出産などを経験し、訓練技術と知識を修得する。現在、災害救助犬の育成をはじめ、地域の飼い主さんのためのしつけ教室等に携わっている。

ヨーロッパで大人気のドッグトレーニング玩具、PULLERの素晴らしさを日本に紹介し、PULLERの第一人者となる。
犬との生活において『信頼関係を築くこと』や『一緒に楽しむこと』が大切だと考えている。訓練方法を学ぶことよりも、家族としての関係の作り方がニーズとして求められている現代、パピー期からの家族との関わり方を重視した指導を中心として行っている。『犬の学習理論に基づく犬のしつけ方』を飼い主さんにも理解できるように、まずは一緒に学習し、自宅で実践できるよう指導している。「犬の学習の成功と失敗や「人のやりがちな教育の間違い」、「学習の予知や予防することで困った行動を防ぐ方法」など。成長に伴う問題や行動に対しては、飼い主さんにも学んでいただき、共に犬の心を育てていくことを大事にしている。

副代表 吉田 和美

 

認定ペットシッター・認定パピーティーチャー・PULLER認定インストラクター

NPO法人日本救助犬協会渉外担当・東京都動物愛護推進員

 

みなさんは可愛いわんこを見て、「この子と生活したら、きっとキラキラと輝いた楽しい生活ができるだろうなぁ・・・」と思ってわんこを家族に迎えますよね。

ところが、思い描いていた生活とは全く違う、犬の行動に困ってしまった。

せっかく幸せを描いて家族になったのに、それが一変、悩みになってしまった。

そんなことが多くあります。

私は自身の育児経験から、犬と飼い主さんにもコミュニティが必要だと感じました。

気軽に相談できる人と場所が必要だ、と。そして、私も子育て中にお世話になった児童館を思い出し、「犬のじどうかん」構想を立てたのです。犬との学び、遊び、仲間づくり、そして、地域と関わることが大切だと感じました。

飼い主さんと愛犬が、共に充実した生活を送れるようサポートしていきます。犬との生活を始めたすべての人たちに、「この子と暮らせて本当に良かった・・」と幸せを感じて欲しくて私はこの仕事に全力をそそいでいます。

『街のわんこの相談役』としてお役にたてたらうれしいです。

スタッフ 杉浦 一希

 

お預かりのワンちゃん達のお世話や遊びを担当しています。

一緒にお散歩に行ったり、その子に合った遊びを見つけて一日楽しく過ごせるように、

愛情を持って接しています。

 

 

 

スタッフ 嶋澤 美聡

 

お預かりのワンちゃん達のお世話や遊びを担当しています。

学生時代はアジリティや探知犬訓練にも挑戦していました。

その経験を生かして、その子に合うことを一緒にチャレンジしたいと思います。

アシスタント 吉田 比奈乃

 

ドッグトレーナーの専門学校に通いながら、犬のじどうかんのお手伝いをしています。

学校では、基礎を学びながら、災害救助犬の育成ボランティアやドッグイベントのお手伝いなどをしながら、勉強しています。